あなたには眠りやすい角度がある
「入眠角度」という新提案

このベッドが毎日の眠りを一新します。

平らに眠るのではなく、角度をつけて眠る「入眠角度」。

たとえば寝つきにくい夜。ベッドの背を少し上げると、呼吸が楽になって気持ちも楽になる。

他にもリラックスできたり、腰を楽にしたり、足のむくみを抑えたり…

その日の体調に合わせて眠りかたを変えられる。

Active Sleep BEDのよろこびを知ってしまったら、

平らに寝ていただけの日々には戻れなくなるかもしれません。

入眠をサポートする様々なポジション

呼吸ポジション

病院などで患者さんに行う

仰向けで寝て上半身を

30°ほど起こす

 

リラックスポジション

体にかかる重力が変わり

水平に寝るよりも

全身が楽に感じられます

腰楽ポジション

背や膝の角度を少し上げると

骨盤にかかる力がゆるみ

腰が楽になります


足楽ポジション

足全体を20°ほど上向きにして

下半身に溜まった体液を

上半身に流れやすくして

むくんだ足が楽になります

自分ポジション

その日の体調に合わせて

入眠角度は自由に

変更することができます


あなたが眠っている間に、
静かに、ゆっくりベッドが自動運転。

 

角度をつけて入眠をサポートしてくれるActive Sleep BEDは、あなたが眠ったことを感知すると、とても静かに、とてもゆっくり自動で動き出します。それは熟睡中にベッドをフラットにして、心地よい眠りに必要な寝返りをうちやすくするため。朝はゆっくりベッドの背が動き、すっきりとした目覚めを促します。ベッドが動く。ただそれだけで、人生も確かに動き出すのです。


ベッドの角度も、マットレスの硬さも、
自分の眠りのチェックも、
すべてはスマートフォンで。

 

ベッドの角度を変えたり、マットレスの硬さを調節したり、スマートフォンがリモコンになり、その日の体調に合わせて眠りかたを設定できます。朝起きたら、まずはスマートフォンをチェック。昨夜の眠りの状態を採点してくれて、ささやかなアドバイスもしてくれます。さあ、次はどう眠ろうか。いつのまにかあなたにも、眠りへの向上心が芽生えているはず。


マットレスに硬さを調節できるという
新しい概念を

硬めか、柔らかめか。正解のないマットレス選びは、この一枚で終わります。硬めも、柔らかめも、どちらも手に入れてしまえばいい。その日の自分の体調にあわせた最適な寝心地を、スマートフォンアプリのリモコンで自由自在に変えられるActive Sleep MATTRESSの「寝心地コントロール」。


やわらかな布に包まれた、

最先端のテクノロジー。

 

どんな部屋にもなじむ、
一体感のあるデザイン。

どこまでもシンプルに。どこまでも美しく。電動ベッドとは一線を画すデザインは、ベッドとマットレスを一枚のカバーで包みこんだ、どんなインテリアにもしっくりとなじむ一体感が自慢です。カラーバリエーションも豊富です。長くつきあえるお気に入りの一台と出会ってください。

角度の動きを背中に伝えない、
スイングストレッチ機能搭載。

ベッドの角度が上がる動きで、マットレスの天面は縮小します。このままだと寝ている人に不快なズレが伝わってしまいます。Active Sleep BEDはそれを防ぐため、角度が上がるとともに背の長さも伸びるスイングストレッチ機能を搭載。快適な動きを実現しています。


開発のきっかけは、医療現場から。

平らに眠るだけでなく、背を上げたり足を上げたり…。医療現場で患者さんの身体の負担を減らすための様々な体位をヒントに、「入眠角度」という新習慣を提供するActive Sleep BED。背角度を上げることで呼吸しやすく、リラックスして眠れる呼吸ポジションや、腰楽ポジション、リラックスポジションなど、その日の体調に合わせた様々な角度で心地よい入眠をサポートします。



ご来店予約フォーム


下記フォームよりご予約頂きますと

担当者より折り返しご連絡致します。

メモ: * は入力必須項目です

MAP